ブログ初心者デジカメ撮影講座

1cmマクロ・拡大鏡撮影ができるデジカメレビューと、マクロ初心者のために和菓子・スイーツを美味しそうに撮影する方法を公開

R103つのオートブラケット和菓子撮影サンプル/レビューvol.11

R10に備わっている3つのオートブラケット機能の解説とオートブラケットで和菓子を撮影した撮影サンプルです。

  • オートブラケット:標準の露出あるいは、露出補正した露出で撮影するほか、+0.5補正、?0.5補正して撮影する。3回撮影される。
  • ホワイトバランスブラケット:設定したホワイトバランスで画像を撮影し、そのままの画像のほか、元画像をデジカメ内部で加工し、赤みがかった画像、青みがかった画像を、保存する。撮影は1回。
  • カラーブラケット:撮影したカラー画像を保存するほか、カラー画像を元にモノクロ、セピアに画像処理し、保存する。撮影は1回。
7016-929-101989
スポンサーリンク

ホワイトバランスブラケットと、カラーブラケットは、1回撮影して、デジカメ内部で画像処理をして、他の2枚を作り出しますが、オートブラケットは、露出を変えて、3回撮影します。

オートブラケットの時は、うっかりしていると、撮影が終わったつもりで、デジカメを動かすと、まだ撮影中で、ぶれてしまった、ということがたまにありますので、やや注意。

オートブラケットの設定場所はここ

オートブラケットの設定画面は、menuボタンを押すと表示される撮影設定画面2ページ目にあります。

081104satuei10.jpg

また、デフォルトでは設定されていませんが、自分で、アジャストボタンに設定することもできます。

081113bkt1.jpg

アジャストボタン1にオートブラケットを設定してみました。撮影画面から、アジャストボタンを押して、オートブラケット設定に入るとこんな感じ。

081113bkt2.jpg

また、3つあるオートブラケットの中で、1つだけを多用する場合は、Fn(ファンクション)ボタンに設定するという手もあります。menuボタンを押して表示される画面で、ツールマークへカーソルを移動、セットアップメニュー1ページ目。

ファンクションボタンには、AT-BKT(オートブラケット)、WB-BKT(ホワイトブラケット)、CL-BKT(カラーブラケット)が、どれか1つ設定できます。

081113bkt3.jpg

ファンクションボタンに機能を設定した後、撮影画面でファンクションボタンを押すと、撮影設定画面が現れるのではなく、直接その機能がオンになります。

たとえば、オートブラケットをファンクションボタンに設定した後、撮影画面でファンクションボタンを押すと、画面左下に、「BKT-AT」が表示され、この状態で撮影すると、オートブラケットで撮影されます。

081113bkt4.jpg

もう一度ファンクションボタンを押すと、左下の表示が消え、オートブラケットは解除されます。

では、以下は和菓子のオートブラケット、ホワイトバランスブラケット、カラーブラケットの撮影サンプルです。

いずれの画像も、元の露出補正は、?0.3で露出補正してあります。

オートブラケット和菓子撮影サンプル

081113bkt5.jpg
081113bkt6.jpg
081113bkt7.jpg

ホワイトバランスブラケット和菓子撮影サンプル

081113bkt8.jpg
081113bkt9.jpg
081113bkt10.jpg

カラーブラケット和菓子撮影サンプル

081113bkt11.jpg
081113bkt12.jpg
081113bkt13.jpg

7016-929-101989

リコーカメラレビュー

当サイトでレビュー掲載中のR・CXシリーズの体験レビューです。興味のある方は是非ご覧ください。

スポンサーリンク