ブログ初心者デジカメ撮影講座

1cmマクロ・拡大鏡撮影ができるデジカメレビューと、マクロ初心者のために和菓子・スイーツを美味しそうに撮影する方法を公開

リコーR10とR8外観比較レポート/レビューvol.2

ぱっと見た感じ、R8とどこが変わったの?と思うくらいデザインは変わってないR10。でも、よくよく見ると違う点が見えてくるので、R8とR10を並べて比較してみました。

R8 VS R10 大きさ編

R8とR10、大きさは見た感じでは、ほとんど変わらない感じです。

高さは同じくらい。

081029r1.jpg

7016-929-98957
スポンサーリンク

幅も同じくらい。(上がR8、下がR10)

081029r2.jpg

厚さも同じくらい。(右がR8、左がR10)

081029r3.jpg

Easyモード搭載

では、どこが変更になったかと言いますと、まずモードダイヤルに「EASY」モードが追加されています。

081029r4.jpg

モードの名称から考えて、たぶん初心者の方向けの簡単モードではないでしょうか。

液晶が大きくなった。

手前がR8、奥がR10ですが、比べると液晶がだいぶ大きくなっています。

081029r5.jpg

R8は、2.7型46万画素液晶、主な仕様では、「2.7型透過型アモルファスシリコンTFT液晶約46万画素」。

R10では大画面3.0型HVGA液晶モニター、主な仕様では、「3.0型 透過型アモルファスシリコンTFT液晶 約46万ドット」となっています。

う?ん、よくわからんけど、液晶がでかいと、やっぱり見やすくて助かります。

ファンクションボタンが増えた

R10は液晶がでかくなったのに、ボタンが一つ増えました。増えたのは「Fn(ファンクション)ボタン」。

081029r6.jpg

何種類かの機能を登録できるようです。

モードダイヤルがカメラマークの時は、初期設定では、ターゲット移動が設定されていますが、ちょっと使ってみると、めっちゃ、使いやすかったです。

以前は、アジャストボタンから入るにしても、手順が多くて、結局面倒で使いませんでしたが、ファンクションボタンとして、外へ出てきたことで、ワンアクションで設定できるようになったので、前より使う回数が多くなりそうです。

底とか横とかはデザイン同じ

R8とR10の底の部分。微妙にSDカードが取り出しにくいのは相変わらず。

081029r7.jpg

ストラップ穴は、2つ。手前のストラップついてるのが、R8、ついてないのが、R10。

081029r8.jpg

反対側の横側。もうこうなると撮影した本人にもどっちがどっちか忘れちゃってもう不明。

081029r9.jpg

グリップがついたのかな?

ほとんどデザインは変わらないと思いましたがよくよく見ると、R8とR10の製品名部分のロゴの位置が変わってたり、グリップ部分が異なっています。

081029r10.jpg

正直、R10の新グリップ、最初見たときには、デザイン的にはなんとなく変?と思ったのですが、実際に持ってみると、この微妙な怪しいラインのグリップがちょうど中指に当たって、ホールド感が良くなっています。

ちょっとデザイン変えただけで、ホールド感って変わるもんなんですね。デザイン的には、わたしとしては、なんか微妙だけど。

素材的にも、ちょっとゴムっぽくて、ひっかかる感じ。キッチンツールのシリコンベラをちょっとざらっとさせた感じでしょうか。

081029r11.jpg

外観はほとんど変わってないけれど・・・

最初、R10を見た時、R8とちょっとしかデザインが変わってなかったので、マイナーチェンジしかしてないのかと、ちょっとがっかりモードでした。

しかし、実際に撮影を始めると、嬉しい方向へ裏切られることに。

次回は感動の(?)R10ファーストインプレッション。

続く >>>

7016-929-98957

リコーカメラレビュー

当サイトでレビュー掲載中のR・CXシリーズの体験レビューです。興味のある方は是非ご覧ください。

スポンサーリンク