ブログ初心者デジカメ撮影講座

1cmマクロ・拡大鏡撮影ができるデジカメレビューと、マクロ初心者のために和菓子・スイーツを美味しそうに撮影する方法を公開

フォトラで和菓子を撮影するにはコツがある!上生菓子撮影事例その1

簡易撮影セット「フォトラ」で和菓子の撮影に挑戦!

みんぽすでお借りしている、簡易撮影セットの「フォトラ」。

早速、いつも撮影している和菓子をフォトラで撮影してみることに。

まずは、セッティングです。

こんな感じで、和室にセッティング。

110923photola1.jpg

14817-929-245477
スポンサーリンク

コンセントは2つ確保

できればいつも撮影しているキッチンのテーブルで撮影して撮影比較したかったのですが、フォトラを2台使うと、それぞれにコンセントが必要なため、コンセント確保を考えると、和室での撮影になりました。

延長コードがあればいいんですが、予備がなく、すでに和菓子を買ってきていたため、このセッティングで撮影続行。

ちなみに、この和室は、蛍光灯が暗すぎるので、普段は撮影には使わない部屋です。

こんな暗い部屋で撮影して大丈夫かな・・・と不安に思いつつ。

まわりに色々うつりこんで、生活感があふれているのは、まあ、あまり気にしないでください。

三脚を使って和菓子を撮影?

まずは、セットに入っていた説明書にそって、こんな感じで撮影開始!

110923photola2.jpg

ちなみに、これはイメージで、撮影している和菓子は別のです。

説明書では、三脚を使うように推奨されていましたので、最初は管理人もゴリラポッドを使って、撮影しようとしましたが、すぐに面倒くさくなって、手持ち撮影に切り替えました。

リコーCX3で撮影しましたが、連写を使えば、手持ち撮影でも、さほどぶれないのが、リコーCX3の良いところです。

フォトラ和菓子撮影事例その1:順光編

さて、まずは、このセッティングで、ピンク色の上生菓子を撮影してみました。

110923photola3.jpg

110923photola4.jpg

110923photola5.jpg

110923photola6.jpg

以前、ソニーT200でリングライトを使った時は、和菓子撮影にはリングライトは不要だったので、今回はどうかなあと思っていたのですが、想像していた以上に、キレイにとれてびっくりです。

しかし、これだと、何かいつものわたしの撮りたい絵と違うんですよね・・・。

なんだろう?この違和感・・・。

そして、やっと思いつきました。

なんだ、これ順光じゃん!

そう、わたしが好きな和菓子の写真は、逆光で撮ったものだということをすっかり忘れていたのです。

フォトラ和菓子撮影事例その2:逆光編

そうとわかれば、早速逆光で撮影しなくちゃ、ということで、セッティングをこのように変更しました。

110923photola7.jpg

これで、和菓子を撮影してみると、

110923photola8.jpg

110923photola9.jpg

110923photola10.jpg

おお!いつもどおりに、逆光系の写真になってる♪

やっぱり和菓子の写真は雰囲気のある逆光ですよ!

しかも、逆光のセッティングだと、手前が空くので、撮影もしやすいんですよね。

いつもの和菓子撮影事例その3

さて、今度は、フォトラなしで、いつも撮影しているキッチンで、最大限明かりをつけて撮影した事例です。

110923photola11.jpg

110923photola12.jpg

あら・・・

なんだか、フォトラの方が綺麗ですね。

この日は、雨で夕方だったので、部屋の照明だけで、キッチンでの撮影はさすがに厳しかったのかもしれません。

それでも、キッチンは我が家で一番明るい光を出せて、光量調節できる蛍光灯にしてあるんですけどね。

結論:フォトラでの撮影が綺麗

キッチンでの撮影も結構いけてるんじゃないかと思いましたが、こうして実際に写真を見比べてみると、断然フォトラの方がきれいです。

普段は光量不足で撮影には使えない和室で、これだけ綺麗に撮影できるのですから、フォトラの面目躍如というところでしょう。

こうやって撮影して、実際に綺麗に撮影できるのを見せつけられると、フォトラ、買いたくなりますね。

そして、撮影するなら、和菓子の中でも上生菓子は、テキストどおりの順光より、やはり逆光がおすすめです。

が、しかし、これだけだと、単発事例かもしれませんので、さらに、ほかの和菓子も使って、検証してみることにします。

続く >>>

▼ フォトラ公式サイトへ >>


14817-929-245477

スポンサーリンク