ブログ初心者デジカメ撮影講座

1cmマクロ・拡大鏡撮影ができるデジカメレビューと、マクロ初心者のために和菓子・スイーツを美味しそうに撮影する方法を公開

光量不足を補ってくれるフォトラで服・衣料品の撮影事例とその注意点

フォトラは光量不足の室内での撮影をサポートできるのか?

アクリル板がまだ調達できないので、今回はちょっとマクロ撮影から離れて、フォトラで衣料品・服の撮影に挑戦!

ブログをやってると、こんな服買ったよ!とブログにのせる機会も多いと思いますが、皆さんはどんな風にして撮影されているでしょうか?

管理人は自分用の服は、自分で着用して、着用事例ものせていますが、人間が着ないでハンガーにかけたものも撮影しています。

が、しかし、我が家はキッチンはつい最近照明を変えたので明るいのですが、服を撮影できる部屋は昔ながらの蛍光灯で、明かりをつけても結構暗いんです。

明らかに光量不足。

毎回「微妙・・・」と思いつつ、撮影していましたが、今回、フォトラの取説にも服の撮影がのっていたので、チャレンジしてみることに。

14817-929-247647
スポンサーリンク

ビデオ用のしっかりした三脚が必要

まず、衣料品のフォトラでの撮影には三脚が必要です。

我が家にある三脚はこちら。

111004photola1.jpg

上がビデオ用で結構しっかりした三脚、下のがデジカメ用でちょっとふにゃふにゃした三脚。

で、こんな感じにセッティングして、押し入れのふすま前を利用して撮影しました。

111004photola2.jpg

撮影条件は夜間の室内です。

こっちが、デジカメ用の三脚利用。

111004photola3.jpg

こっちがビデオ用の三脚利用。

111004photola4.jpg

かなりスペースを使って撮影するので、延長用のテーブルタップは必須。

もともとデジカメ用の三脚は、デジカメをつけてもぐらぐらしてたのですが、フォトラだとかなり厳しかったです。

ビデオ用の三脚だと角度を調節して固定できるのですが、デジカメ用の三脚だとあまり角度をつけると、三脚に比べてフォトラが重いのでバランスが悪く、固定できずにくてっとほかを向いてしまいます。

なので、基本バランスのとれる範囲で前向きにしかセッティングできませんでした。

フォトラを三脚で利用する場合は、三脚もそれなりにがっしりしたものが必要なようです。

フォトラで服を撮影する場合は平行か見下ろす位置に

さて、買ってきた服を使って撮影開始です。

まずは、ピンクのカットソーを撮影したのですが・・・

111004photola5.jpg

なんか、影が変・・・。

特に疑問に思わずに、いつものように押し入れの上にとりつけてあるフックにハンガーで服をかけて撮影したのですが・・・

111004photola6.jpg

フォトラを使わない撮影なら、特にこの高さでも問題はないのですが、ここに服をかけてフォトラで撮影すると、三脚がこれ以上高くできないので、服を見上げるように光を当てるようになり、違和感を感じるようです。

下から見上げるように光を当てると違和感なんだな、と思い、今度は、見下ろすようにして撮影したのですが・・・・

111004photola7.jpg

まわりの影がうざい。

服をかけてあったハンガーラックを引っ張り出してきましたが、服に違和感はありませんが、まわりのハンガーラックの影が押し入れにうつって、ごちゃごちゃと雰囲気が悪いです。

111004photola8.jpg

うーむ、トルソー欲しいよ、本当に。

ラック作戦はだめでした。

次にトライしたのが、こちら。

111004photola9.jpg

ああ、これなら、まだ。

荷紐を使って高さを調節しました。

111004photola10.jpg

フォトラでの衣料品撮影事例

ということで、いくつかフォトラで撮影した服の撮影事例です。

まずは先ほどのカットソー。

111004photola11.jpg

111004photola12.jpg

コーディネートして。

111004photola13.jpg

111004photola14.jpg

111004photola15.jpg

黒い服とそのコーディネート。

111004photola16.jpg

111004photola17.jpg

ベージュ色の服。

111004photola18.jpg

111004photola19.jpg

メンズワッフル地。横からだとワッフル地の感じが出ていいんだけど、

111004photola20.jpg

前からだと黒はやや厳しい。

111004photola21.jpg

グレーの服。

111004photola22.jpg

濃いブルー、ちょっとなんとなく厳しい。

111004photola23.jpg

111004photola24.jpg

無地の服の正面からの撮影って、デジカメ苦手?

フォトラのあるなし比較

お次は、フォトラのあるのとないのとで、どれくらい写真が変わってくるかです。

まずは、フォトラありで、ユニクロのスタイルアップカーゴパンツを撮影。

111004photola25.jpg

右側のフォトラのライトを消してみました。

111004photola26.jpg

左側のフォトラのライトも消して、フォトラなし。部屋の照明のみ。

111004photola27.jpg

なんか暗いので、露出をあげてみたけど、余計変な感じにorz

111004photola28.jpg

フォトラを使った服の撮影まとめ

もともと、服の撮影は苦手で、悪戦苦闘していました。

発色がうまくいかず、ずっと、むむむ、だったのですが、今回フォトラを使ってみると、フォトラなしよりも、服の色が見た目に近く助かった感じ。

やっぱり、我が家の室内は決定的に光量不足なようです。

光量不足だと、露出で調整するにも限界があるよ、ということがわかりました。

部屋の照明をもっと明るいものに変えるか、フォトラのような照明器具を買うか、ですね。

部屋が暗くて困っていて、部屋の照明を変更できない方は、フォトラを使うのもありだと思います。

そして、注意点としては、

三脚はしっかりしたものを使う

フォトラの光を服にあてる時は、平行か見下ろすようにあてること。
見上げるように光を当てると変

背後に写る影がうるさくならないように考える

ということでした。

我が家の服の撮影は、フォトラあった方がいいかも。

もうちょっとしたら返さないといけないんですよね。

部屋の撮影条件が光量不足ということがわかったので、照明変えるか、フォトラのような照明器具を調達することを検討しようと思います。

そして、撮影用のトルソーが欲しいと、マジで思いました・・・。

わたしは、服の撮影はダメダメなので、上手な人がフォトラを使って撮ったらもっと上手に撮れるのではないか、と思います。

以上、フォトラで服の撮影編でした。

▼ フォトラ公式サイトへ >>

14817-929-247647

スポンサーリンク