ブログ初心者デジカメ撮影講座

1cmマクロ・拡大鏡撮影ができるデジカメレビューと、マクロ初心者のために和菓子・スイーツを美味しそうに撮影する方法を公開

フォトラ上生菓子撮影例その2:白い饅頭の撮影と逆光・測光・順光・片側からの光

さて、同じフォトラを使っても、光のあて方によって、できあがりの写真の印象がずいぶん違ってきます。

前回の記事で、上生菓子の撮影は逆光がやっぱり綺麗と結論づけたのですが、再度いろいろ検証してみたいと思います。

今回もいくつか和菓子を撮影しますが、ひとつめは、デジカメの苦手な白い部分が多いおまんじゅう。

果たしてうまく撮影できるのでしょうか。

14817-929-245577
スポンサーリンク

キッチンの蛍光灯と自然光で撮影したおまんじゅう

まずは、フォトラを使わずに、雨の日の夕方、キッチンで撮影したおまんじゅうの写真。

110924photola1.jpg

ちなみに我が家のキッチンは、写真撮影用にかなり明るくできる機種をとりつけています。

フォトラ逆光で撮影したおまんじゅう

まずは、フォトラを逆光でセッティング。

110924photola2.jpg

若干、白とび気味だったり、白い部分がややグレーっぽくなったり、白い饅頭は苦手です・・・。

110924photola3.jpg

110924photola4.jpg

フォトラ測光で撮影したおまんじゅう

今度は、フォトラでおまんじゅうの両側から光を当ててみました。

110924photola5.jpg

逆光とはまた違った印象が。

110924photola6.jpg

110924photola7.jpg

白いおまんじゅうは、白く見えるように、測光とかの方がいいのかもなあ・・・。

フォトラ順光で撮影したおまんじゅう

次は、フォトラで順光で撮影したおまんじゅう。

110924photola8.jpg

ちょっと露出不足でしたか・・・。

110924photola9.jpg

110924photola10.jpg

ただ、露出しすぎると白とびしちゃうし、なかなかデジカメ泣かせの白いまんじゅう。

フォトラ片側だけの光で撮影したおまんじゅう

次は、ふと思いついて、順光で、片側だけの光で撮影してみました。

110924photola11.jpg

うーん。明るいところと暗いところの落差がありすぎて、ちょっと撮影の設定が決めにくいかも。

110924photola12.jpg

110924photola13.jpg

白い饅頭の撮影は難しい

ということで、白い饅頭の撮影は、フォトラにしろ、キッチンで普通に撮影するにしろ、白をいかに白く見せるかというのが、なかなかネックで、難しかったです。

しかし、あえていうなら、明暗差のないキッチンでの撮影と測光での撮影が比較的白を白く撮影できるような気がしました。

その他の上生菓子撮影例

そのほかの上生菓子もフォトラで撮影してみました。

こちらは、逆光での撮影例。

110924photola14.jpg

110924photola15.jpg

110924photola16.jpg

110924photola17.jpg

110924photola18.jpg

110924photola19.jpg

110924photola20.jpg

こちらは、順光での撮影例。

110924photola21.jpg

やっぱり、普通に色のついた上生菓子は逆光での撮影が綺麗です。

特に透明度の高い寒天を使用したものは、逆光の方がキラキラ感があって、綺麗ですね。

引き続き、フォトラを使って、撮影にチャレンジします。

続く >>>

▼ フォトラ公式サイトへ >>

14817-929-245577

スポンサーリンク