ブログ初心者デジカメ撮影講座

1cmマクロ・拡大鏡撮影ができるデジカメレビューと、マクロ初心者のために和菓子・スイーツを美味しそうに撮影する方法を公開

フォトラって何?マクロ撮影に役立つ!商品撮影セットPHOTOLAフォトラの組み立て

みんぽすでお借りしているフォトラ|PHOTOLA。

初心者でも手軽に綺麗に商品撮影ができる、商品撮影セットです。

内容を確認した後は、いつでもすぐ使えるように組み立て!

14817-929-243800
スポンサーリンク

フォトラ|PHOTOLA本体詳細

まずは、フォトラ本体をチェック。

110916photola1.jpg

フォトラの向かって左側。

110916photola2.jpg

向かって右側。

110916photola3.jpg

フォトラの後ろ側。

110916photola4.jpg

フォトラの底。

110916photola5.jpg

フォトラの中。

110916photola6.jpg

前面がカバーになっていて、がばっと開くようになっています。

フォトラ本体の組み立て

では、フォトラを組み立てていこう。

フォトラのカバーは、開ける時、カチカチ言うけど、それがデフォルト。

110916photola7.jpg

フォトラのカバーをあけたら、上部のソケットに、蛍光ランプをゆっくりとセット。

110916photola8.jpg

取り外す時は、気をつけないと勢い余ってぶつけて壊しそうなので、注意。

蛍光ランプを取り付けた下の部分は、反射シートがすでに装着されています。

反射シートがはずれていないか、チェック!

110916photola9.jpg

フォトラの手前側には、二本溝があって、奥側に専用拡散パネル、手前に専用ディフューザーを入れることになっています。

110916photola10.jpg

初めて専用拡散パネルを使う時は、裏表両面にはってある保護シートをはがします。

が、これが、片方は簡単にはずせるんだけど、もう片方は本当にシートがついてるの?というくらい、保護シートの存在がよくわからない。

そういう時は、セロテープを角につけてひっぱってみると、保護シートがくっついてきて、すぐはがせるので、おすすめ。

保護シートをつけたまま専用ディフューザーを装着すると火災や溶け出す恐れがあるので、忘れずにはがしてね。

保護シートをはがしたら、専用ディフューザーを奥側の溝にはめます。

110916photola11.jpg

角に文字が書いてある部分を上、つるつる面が手前になるようにセットします。

で、専用ディフューザーの上部を奥側へ差し込みます。

110916photola12.jpg

でも、これ、そもそも借り物なんで、ディフューザーを折りそうで怖かった。

微妙な力加減が必要。ま、そんなに難しくないけどね。

これを2台ともやれば、フォトラ本体の準備はできあがり!

背景の準備

今度は、背景の準備。

危うく捨てそうになった段ボール台紙を準備。

110916photola13.jpg

折り目にそって組み立てます。これは簡単。

110916photola14.jpg

背景紙を出して、さっきのボール台紙の上部にクリップでとめたらできあがり。

110916photola15.jpg

クリップは1カ所だと、くるくる巻いちゃうから、2カ所あった方がいいかも。

さあ、これで、フォトラの準備は完了!

そんなに難しくなかったよ。

さあ、がんがん撮るよっ!

▼ フォトラ公式サイトへ >>

14817-929-243800

スポンサーリンク