ブログ初心者デジカメ撮影講座

1cmマクロ・拡大鏡撮影ができるデジカメレビューと、マクロ初心者のために和菓子・スイーツを美味しそうに撮影する方法を公開

デジカメデータのバックアップしてますか?

そういえば、しばらくデジカメデータのバックアップをしていなかったと思い、確認してみると、なんと、おおかた1年近くもパソコンのハードディスクに放り込んだままバックアップを取っていなかった。

日頃から、連れ合いに他のデータはパソコンがクラッシュしてなくなっても仕方ないけど、家族のデジカメデータだけは、ちゃんとバックアップしておけと、厳しく言われているのに、このていたらく。

ということで、よくPCがクラッシュしなかったと、冷や汗かきながら、デジカメデータをバックアップ中である。

スポンサーリンク

我が家のデジカメデータバックアップ方

  1. まず、デジカメのメディアから、PCにデータ転送。

    メディアは使い回しするので、即消去。

    まあ、ここまでは、すぐできる。
     
  2. ここから微妙に忘れがち。

    だいたいCD-R1枚分におさまるくらいのデジカメデータがたまったら、CD-Rにバックアップ。

    ウィルスチェック。

    ハードディスクのデータはそのまま保持。
     
  3. 暦年で1年分のデジカメデータをDVD-RとDVD-RWにバックアップ。

    どちらも、ウィルスチェック。パソコンのデータは、翌年は、そのままおいておき、さらに、その翌年に消去。

    あまり長いことおいておくと、ふだんのウィルスチェックがものすごく時間がかかるので、仕方なく削除している。

    本当はおいておきたいけど。
     
  4. 何年かたったら、さらに、DVDをバックアップ予定。

    メディアも万能ではない。

    経年劣化を見込んでのバックアップ。
     

自分は心配性なので、都合4カ所バックアップしている。これに、さらに、cocoaなどのネットスペースへバックアップを送ろうかと思ったけど、さすがに面倒くさいのでちょっと見合わせ。

まあ、普通はここまでしなくてもいいと思うけど、しかし、パソコンだけにしかデータがない状態はとても危険である。もしかしたら、次の瞬間、パソコンがクラッシュするかもしれない。もしかしたら、ネットからウィルスが侵入して、ファイルが破壊されて修復不能になるかもしれない。

家族の写真、とりわけこどもの写真なんて、もう二度とは撮影できないたからもの。きちんとバックアップをとっておきたいものである。

お楽しみ=スライドショーを作成

さて、ここまでは最低限なんだけど、自分はバックアップのときお楽しみでスライドショーを作っている。

一回の行事で200~300枚くらい撮影することもあるので、いちいちクリックして、見てたんじゃあ、手が疲れる。だから、類似カットや失敗分は別フォルダに保存して、良いカットだけスライドショーにする。それでも、100枚超えることはざら。

我が家のスライドショー作成方法

  1. まず、スライドショーに入れるカットを選ぶ。
  2. スライドショーを作成するのは、我が家のVAIO付属のPicture Gearというsonyのソフト。
  3. スライドショー作成前に、Muse Viewer for Digital Capaで、ロスレスで、画像を縦向きにする。

    デジカメによっては、Picture Gear でプレビューしたら、縦向き撮影は縦向きに表示してくれたり、してくれなかったり。

    Lumix DMC-FZ5はプレビュー画面が縦向き表示対応。

    Sony CyberShot L1は対応してないので、そのままスライドショーにすると顔を傾けて見ないといけないので、Muse Viewerで、ロスレス回転。

    Windows XP付属のWindows Picture and Fax Viewerでも回転できるけど、これでやると画質が悪くなると聞いてから、もっぱらMuse Viewerを愛用。

    学研のデジカメ初心者向け雑誌「デジタルキャパ」連動の画像ビューアーだ。 
  4. Picture Gearで、スライドショー作成時にBGM挿入。

    スライドショーにBGMはあった方がいい。

    特に100枚もスライド見てたら、BGMないと、見るのが面倒くさくなる。
  5. Picture Gearでスライドショーを作成した後、CDにバックアップして完成。

というわけで、今はできたバックアップCDのスライドショー見て、にやにやしています。

ああ、可愛いなあ~♪皆さんも、デジカメデータのバックアップしておいた方がいいですよ。

スポンサーリンク