ブログ初心者デジカメ撮影講座

1cmマクロ・拡大鏡撮影ができるデジカメレビューと、マクロ初心者のために和菓子・スイーツを美味しそうに撮影する方法を公開

キャノンIXY430Fコンデジもらっちゃったレポート

懸賞でデジカメもらった!

懸賞で当選して、デジカメもらいました。

キャノンIXY430Fです。

130707ixy430f1.jpg

賞品はいろいろ選べたんだけど、子供が修学旅行に使うから欲しいというから、デジカメにしたんですよ。

そして届いてみたら、IXY430Fって、タッチパネルだったの。

そうしたら、子供が、タッチパネルは嫌い!とか言って、結局リコーのCX3を持って行った・・・。

なんなんだ、全く。

まあ、わたしもタッチパネルは、反応がイマイチだから、好きじゃないんだけど、もったいないから使うことにした。

スポンサーリンク

IXY430F到着レポート

こちらが届いたキャノンIXY430F。

130707ixy430f2.jpg

16.1MEGA PIXELSって書いてありますね。1610万画素。

130707ixy430f3.jpg

FULLHDってなんか書いてあるよ。

130707ixy430f4.jpg

どうやらこのモデルは無線LANが強化されたモデルらしいですね。

レンズは光学5倍ズーム。

IXY430F操作ボタン

IXY430Fの操作ボタン関連を見てみます。

右からシャッターボタン、電源ボタン、切り替えボタン。

130707ixy430f5.jpg

電源ボタンの周りのレバーは望遠レバー。

カメラの底。

130707ixy430f6.jpg

右側がバッテリーとSDカードを入れるところ。その左が三脚穴。

上がバッテリー、下がSDカード。

130707ixy430f7.jpg

ストラップ穴がついている側面に出力ポート。

130707ixy430f8.jpg

開けてみた。

130707ixy430f9.jpg

動画の再生は液晶右横下。

130707ixy430f10.jpg

IXY430fを使ってみた感じ

キャノンIXY430f、最初はタッチパネルだから抵抗があったんだけど、でもまあ使ってみると、とにかく軽いし、手軽だし、発色も比較的いいので、割と気に入って使っています。

リコーやソニーは料理を撮った時に若干青みがかった発色でそれがわたし的にはやや不満なんだけど、キャノンは緑とか赤っぽくて料理が美味しそうなのがいいよ。

マクロも3cmまで近寄れるし。

タッチパネルがうっとおしいから、オートにしてあるんだけど、オートだと、被写体に近づけると自動でマクロが入って、チューリップマークが出るから便利。

わたしは基本、自動設定じゃなくて設定をあれこれいじって取りたい方だけど、このIXY430fは、オートでじゅうぶんキレイに撮れるような気がします。

今メインはミラーレス一眼を使っていて、気合いを入れて取材とか撮影とかする時はそっちですが、でも、やっぱり外出するとなると、結構重装備で重い。

だから、ひょっとしたら撮影するかもだけど、まあなくてもいいよね的な時には、IXY430Fをバッグにポンと放り込んで出かけます。

軽いから、持ってることを意識しない重さなのがよいのです。

130707ixy430f1.jpg

重いのが嫌いな人は、旅用のカメラにちょうどいいかも!料理とかも撮れるし、風景もいけるし、軽いくせに結構オールマイティーだ。

あと、わたしは「KLP-CIXY430F」っていうKenkoのIXY430F用液晶シートをはったんだけど、やっぱり液晶シートをはるとタッチパネルの反応が鈍くなるかもしれない。

130707ixy430f11.jpg

液晶は保護できるけどね。お好みに応じてだ。

キャノンIXY430Fは自分では決して買わないタイプのコンパクトデジカメだけど、使ってみると意外といいじゃん!みたいなコンパクトデジカメでした。今後お出かけの時に、バッグに放り込んで出かけることにします。

スポンサーリンク