ブログ初心者デジカメ撮影講座

1cmマクロ・拡大鏡撮影ができるデジカメレビューと、マクロ初心者のために和菓子・スイーツを美味しそうに撮影する方法を公開

EVERIO GZ-MG70 使ってみました。

年末、買ったままになっていたハードディスクムービー「Everio GZ-MG70」を発表会があったので使ってみました。

コンパクトボディ

まず、そのコンパクトさ。下手したらルミックスより小さいかも。

こちらが比較してみた写真。

060111everio1.jpg

左から、LUMIX DMC-FZ5、Everio GZ-MG70、SONY CYBERSHOT DCR-PC100(今まで使っていた機種)です。

ね、コンパクトでしょ♪

手持ちで撮影しても重くないので楽です。

スポンサーリンク

予備テープがいらない

そして、意外と嬉しいのが予備のテープがいらないこと。

本体だけとりあえず、ポンとポーチに入れておでかけ。予備テープがいらないので、ポーチの中でがちゃがちゃしなくてうっとおしくないのが嬉しいです。

テープの時間を気にしなくて良いのも助かります。

画質が良い

何と比べて良いというのかという問題もあります。

一つ下の機種EVERIO GZ-MG40と比べられれば一番いいのですが、そういうわけにもいきません。今まで使っていたものとしか比べられないのが残念です。

さて、今まで使っていたのは、6年くらい前の機種でSONY CYBERSHOT DCR-PC100です。

それと比べると、やはり画質は格段に良いです。

以前のに比べてニジミ(っていうのかな?)が少ない気がします。今までのは、いろいろなものの輪郭がギザギザした感じがあったんですが、今回購入した機種ではそれより輪郭がかなりきれいな感じがします。

加えて人肌の感じがキレイです。

やはり7年もたつとずいぶん技術が向上している様子。

ただ、この画質の良さがEVERIO特有のものなのか、最近のほかのムービーもそうなのかはわたしには、良くわかりません。

とりあえず、画質的には今までよりアップしたし、コンパクトでテープもいらないし使い勝手は良くなって、満足、満足。

しかし、ひとつ失敗かなと思うことがあります。

バッテリーがでかい!

Everio MG70はビクターの2005Autumnカタログによれば、ハードディスクへの動画記録時間はウルトラファインの最高画質で約7時間10分となっています。

しかし、まあ、一度に7時間も撮影しないといけないシーンは我が家はそうそうないので、大体3時間くらいの撮影を想定しました。

それだけ録画しようと思うとバッテリーもそれだけ保つものが必要ですよね。

付属のバッテリーではカタログ値で連続撮影時間約50分。実際はズームなどいろいろ操作をして実撮影時間25分となっています。

ちなみに装着するとこんな感じです。

060111everio2.jpg

しかし、これでは行事の撮影に全然足りないので、バッテリーを買い足すことにしました。

「大は小をかねる」ってことで、連続撮影時間約4時間20分、実撮影時間約2時間10分のリチウムイオンバッテリーBN-VF733を注文しました。

ちなみにその時、実物は見ないで注文しちゃいました。これが、ちょっと失敗。

装着するとこんな感じ。

060111everio3.jpg

「・・・・・・・・・・・でかっ!」

液晶モニターを開けるとこんな感じ。

060111everio4.jpg

ちょっと、でかすぎ? やっぱり?ちょっと、いや、かなり格好悪いかも。

売りのコンパクトってのがどっかへ行ってしまいますよ・・・

こんな装着写真はカタログにはのせられないわな・・・

まあしかし、格好は悪いですが、長時間撮影するにはやはりバッテリーが必要なので、仕方ないですね。

ビクターさんには長時間でもコンパクトなバッテリーを是非、開発していただきたいと思います。(^_^;)

皆さんもしEverio GZ-MG70を購入する時は撮影シーンを考えてどのくらいの時間撮影できるバッテリーが必要か、大きくても、それが必要か、できれば実物見て買った方が良いと思います。

今回、我が家にしては珍しく特にリサーチもせず、衝動買いしちゃったので、ちょっと反省。

現在は本体充電していますが、結構時間がかかるので、別売のバッテリーチャージャーも欲しいところです。

しかし、まあ、長時間バッテリーはちょっと不格好ですが、画質は私なりに満足できる範囲なので、今回のお買い物は○!

コンパクトなので、気軽に持ち出せそうで、

今までよりビデオ撮影のチャンスが広がりそうです。(^O^)

スポンサーリンク