ブログ初心者デジカメ撮影講座

1cmマクロ・拡大鏡撮影ができるデジカメレビューと、マクロ初心者のために和菓子・スイーツを美味しそうに撮影する方法を公開

多彩な撮影が出来るT700プログラム・拡大鏡モードの設定項目:左メニュー編/T700 review vol.15

ソニーサイバーショットT700の撮影モードの中で、自分でいろいろ設定しながら撮影したい時は、このプログラムモード(PGM)を使います。

撮影画面左メニュー下から2番目のアイコンをタッチして出てきた画面で「PGM」をタッチ。

081011pgm1.jpg

6926-929-95514
スポンサーリンク

右メニューのチューリップマークにタッチして、虫眼鏡のついた拡大鏡モードをタッチし、OKか、右メニューのチューリップマークをタッチして撮影画面に戻ります。

081011pgm2.jpg

写真が多くなるので、記事を2つに分けます。

まずは、左メニューから。

スマイルシャッター

料理モードでも使えませんでしたが、PGMモードでも、スマイルシャッターは使えません。

081011pgm3.jpg

たぶん、スマイルシャッターがどこにあるか知らせるために、アイコンをタッチしたら、撮影出来るモードが知らされるのだと思います。

でも、わたし個人として思ったのは、スマイルシャッターがオートモードにある、ということがわかった後は、こんな良い場所に、使えないボタンが配置してあるのは、実にもったいないと思います。

どの画面でも同じ位置にメニューがある、というのが、おそらく使いやすさなのだとは思いますが、わたしは、料理モードなら露出補正、PGMモードならホワイトバランスボタンを、スマイルシャッターのボタンと置き換えてくれたらずいぶんいいのに、と思います。

セルフタイマー設定

料理モードに同じ。

081011pgm4.jpg

「セルフタイマーを使わない」、「シャッターボタンを押して10秒後に撮影」、「シャッターボタンを押して2秒後に撮影」の3つから選択できます。

画像サイズ

メニュー画面内の設定1ページ目から。まずは、画像サイズ。

料理モードと同じ。

081011pgm5.jpg

ホワイトバランス

料理モードと同じ。

081011pgm6.jpg

詳細は、料理モードのホワイトバランスの項目を参照してください。

▼ T700料理・拡大鏡モードで設定できる項目はこれだ!/T700 review vol.14

フラッシュレベル

フラッシュの光量の調整をします。

081011pgm7.jpg

左から「光量減らす」「光量標準」「光量増やす」

赤目軽減設定

メニュー内2ページ目。

081011pgm8.jpg

左から、「顔検出機能を使用時自動で赤目軽減を行います」「フラッシュ撮影時、予備発光して赤目を軽減します」「赤目軽減機能を使いません」。

具体的に、どんな風になるのかは、たぶん時間不足で検証できそうにありません。

画像の明暗の差を自動補正

画像の明暗の差を自動補正できるらしいです。とりあえず、撮影するときは真ん中にしています。

081011pgm9.jpg

左から「自動補正オフ」「画像の明暗の差を自動補正します」「高度な処理で画像の明暗の差を最適に補正します。」が選択できます。

カラーモード

T200では、5つの選択肢があったカラーモードですが、T200にはあった「ナチュラル」が、T700では削除されています。

左から標準。

081011pgm10.jpg

ビビッド。

081011pgm11.jpg

セピア。

081011pgm12.jpg

モノトーン。

081011pgm13.jpg

自分は、和菓子の撮影は、T200の時は、ホワイトバランス「太陽光」でカラーモード「ナチュラル」にして撮影してみました。

ナチュラルがなくなったのは、ちょっと残念ですが、T700のホワイトバランス全体が変化しているので、もしかするとナチュラル必要なし、ということになったのでしょうか?

手ぶれ補正機能

メニュー内3ページ目。手ぶれ補正の設定。

081011pgm14.jpg

左から、「シャッター半押しで手ぶれ補正が働く」「常に手ぶれ補正」「手ぶれ補正オフ」となっています。

撮影設定

撮影設定画面への切り替え。詳細は、料理モードに同じなのでそちらを参照してください。

081011pgm15.jpg

▼ T700料理・拡大鏡モードで設定できる項目はこれだ!/T700 review vol.14

ここまで、左メニュー内の撮影設定項目です。

次回は、PGM・拡大鏡モードで出現する撮影画面下メニューについて。

6926-929-95514

スポンサーリンク