ブログ初心者デジカメ撮影講座

1cmマクロ・拡大鏡撮影ができるデジカメレビューと、マクロ初心者のために和菓子・スイーツを美味しそうに撮影する方法を公開

急速充電!サイバーショットアクセサリーキット:ACC-TRD

前回の記事でゲットしたソニースタイルクーポンで、ソニースタイルで購入したのは、サイバーショットT200用のバッテリーチャージャーとバッテリーのアクセサリキット。

080225sony1.jpg

なぜわざわざ別売のバッテリーチャージャーを買うのか?

サイバーショットT200本体には、バッテリーが一つしかついてないので、もう1つ予備バッテリーを購入するのは、わかると思いますが、なんで、バッテリーチャージャー?と思われる方もおられると思います。

サイバーショット本体を購入すると、一応バッテリーチャージャーはついているのですが、この別売のアクセサリキットの充電器は、本体附属のチャージャーに比べ、約2倍の急速充電ができるのです。

スポンサーリンク

そんなにカメラは使ってないよ、という方は、本体附属のバッテリーチャージャーで十分だと思います。

しかし、自分の場合は、使うときには激しく使うし、充電するのをよく忘れてそのまま撮影し、バッテリーの残量がなくなって、撮影できなくなってしまうことが、何回かあったので、オプションのバッテリーチャージャーを買うことにしました。

これなら、撮影始める時に残量がなくて、慌てても、今までより待つ時間半分ですむし。いや、だから使ったその都度、ちゃんと充電すればいいんですけどね。ものぐさですから、わたし。

ACC-TRD購入レポート

さて、届いた、アクセサリーキットの中には取説のほかにこれだけ入ってました。バッテリー、バッテリーのケース、急速充電バッテリーチャージャー。

080225sony2.jpg

バッテリーとチャージャーを別々に買うこともできますが、両方買うなら、セットで買った方がお得です。

さて、ここでのポイントは、いずれ、またT200を下取りに出すことを考えて、バッテリーチャージャーのケースは捨てないこと。とても捨てたくなる簡易パッケージですが、捨てない!

チャージャーにバッテリーをセットするとこんな感じ。

080225sony3.jpg

バッテリーチャージャーのコンセント差し込み部分は、本体附属の部分と同じ構造。

080225sony4.jpg

本体附属のバッテリーチャージャーが使えるなら、オプションバッテリーチャージャーも使えると思いますが、念のため、確認のこと。

080225sony5.jpg

全体的に、大きさは、本体附属のバッテリーチャージャーより、オプション別売の方が小さいですが・・・

080225sony6.jpg

厚みは、オプションの方が、厚いです。1.5倍くらい?

080225sony7.jpg

急速バッテリーチャージャーで充電!

さて、これで、バッテリー2つ体勢になったので、バッテリー切れで慌てることもないでしょう。やっぱりバッテリーは2つは必要ですね。

急速バッテリーチャージャーで充電してみましたが、正直2倍かどうかはついて見ていなかったので、不明。まあカタログに書いてあるから、2倍なんでしょうね。

ただ、充電するときに、本体附属はでかかったので、ちょっとじゃまっぽい感じがしましたが、今回購入したバッテリーチャージャーは前へは飛び出しますが、横幅と縦幅が小さいので、コンセント周りがじゃまにならず、よい感じです。

コンパクトデジカメをよく使われる方は、アクセサリーキットの購入を検討してみられてはいかがでしょうか?

T200だけでなく、Dタイプのバッテリーを使っているSONYのデジカメに使えます。対応機種はsony style で各自確認してください。

 ソニーストア

ソニーDSC-T200/リングライトHVL-RLS体験レポート記事ナビ

  • DSC-T200体験レポート記事一覧を見る >>>
  • DSC-T200購入レポート(モニターレポートの続編)へ移動 >>>
  • 関連リンク(他のサイトへ移動します):ブロガーのためのデジカメスキルアップ講座
  • スポンサーリンク