ブログ初心者デジカメ撮影講座

1cmマクロ・拡大鏡撮影ができるデジカメレビューと、マクロ初心者のために和菓子・スイーツを美味しそうに撮影する方法を公開

サイバーショットDSC-T200のオートブラケット機能

ソニーの初心者向けコンパクトデジカメDSC-T200にモニターレポート8回目は、オートブラケット機能について。オートブラケット機能というのは、初めに設定しておくことで、デジカメが自動で露出を変えて連写してくれる機能のことです。

071127moni0.jpg

スポンサーリンク

最初に結論を言ってしまうと、実はT200の拡大鏡モードでは、オートブラケット機能は使えません。でもまあ、それで終わってしまってはモニターレポートにならないので、オートブラケットが使えるモードと、設定方法について見ていきましょう。

DSC-T200でオートブラケット機能が使える撮影モード

DSC-T200でオートブラケット機能が使えるのは、シーンモードのいくつかと、PGMモードの拡大鏡以外。デジカメおまかせのAUTOでは、オートブラケット機能は使えません。

シーンモードで、オートブラケットが使える撮影モードは、「ソフトスナップ」「風景」「高速シャッター」「ビーチ」「スノー」の5つです。

DSC-T200プログラムオートのオートブラケット設定方法

では、オートブラケットの設定方法を見ていきましょう。

現在、T200はPGM(プログラムオート)のマクロモードに設定されている状態です。

071127moni1.jpg

左メニューの一番下、「MENU」にタッチしましょう。

071127moni2.jpg

左にメニュー画面が表示されました。現在、一番上の四角ボタンが選択されて、オレンジ色になっています。ほかのボタンが選択されていたら、四角ボタンを選択してください。

画面に見当たらなかったなら、左メニューの上下に表示される▼で、ページを移動できます。左メニューの一番上には、「1/3」と表示がありますが、これは、メニューが3ページあるという意味です。

さて、四角ボタンを選択すると、横へ撮影モードのプルダウンメニューが表示されます。

プログラムオートマクロモードで選択できる撮影モードは、一番左の「通常撮影」、次の「連写」、真ん中から右端までの「オートブラケット」です。

オートブラケットは3段階用意されています。右へ行くほど、明るさの差が大きくなります。通常使いやすいのは、真ん中の「BRK+-0.3」あたりだと思いますので、まずそれをタッチして、選択してみましょう。

071127moni3.jpg

真ん中の「BRK+-0.3」を選択してオレンジ色になったら、右メニュー上の「BACK」ボタンで撮影画面に戻ります。右上に小さく「BRK+-0.3」とオートブラケットが撮影できる状態であることが表示されています。

071127moni4.jpg

では、実際に今設定したオートブラケットマクロモードで撮影してみましょう。

DSC-T200オートブラケット撮影例

▼ +0.3

071127moni5.jpg

▼ 0

071127moni6.jpg

▼ ?0.3

071127moni7.jpg

少しづつ、露出が変わり、写真の明るさが変化しているのがおわかりいただけるでしょうか?

SONYさんにお願い♪

このオートブラケットが、拡大鏡モードで使えないのは、本当に残念。物撮りブロガーのために、後継機種では、オートブラケットを拡大鏡モードで使えるように、ソニーさんよろしく????!

ソニーDSC-T200/リングライトHVL-RLS体験レポート記事ナビ

  • DSC-T200体験レポート記事一覧を見る >>>
  • DSC-T200購入レポート(モニターレポートの続編)へ移動 >>>
  • 関連リンク(他のサイトへ移動します):ブロガーのためのデジカメスキルアップ講座
  • スポンサーリンク