ブログ初心者デジカメ撮影講座

1cmマクロ・拡大鏡撮影ができるデジカメレビューと、マクロ初心者のために和菓子・スイーツを美味しそうに撮影する方法を公開

サイバーショットT200、ソニーさんにそこん所、よろしく!

サイバーショットDSC-T200体験レポート第26回目は、1か月間T200を使ってみて、ここがこうなってたら、もっといいのにな、という改善ポイントの提案。

モニター記事だから、ソニーさんが見てくださってるかもしれないし、メーカーさんに要望を伝えるこれはチャ?ンス!ですよ。

071216moni31.jpg

スポンサーリンク

拡大鏡モードが電源オフで切れないといいな

拡大鏡モードを使わない方には、まったく支障がありませんが、拡大鏡モードメインで使用するならば、まず、ここを一番に改善して欲しいというポイントがこれ。

電源切っても拡大鏡モードが
OFFにならないようにしてほしい

T200は、拡大鏡モードで使用していて、電源が切れるとあるいは切ると、次に電源を入れた時は、拡大鏡モードがオフになっています。

これが、拡大鏡モードメインで使用する時、ややわずらわしいのです。

ずっとぱしゃぱしゃ連続して撮影しているならよいのですが、たいてい和菓子の撮影の時は、和菓子をどうディスプレイしたら綺麗に見えるか、あっちへ向かせ、こっちへ向かせ、さらに切ってみてとか、いろいろ試してみているわけです。

よし、これで、オッケー!と思って、T200を手に取ると、バッテリーのエネルギーを節約するために、電源が切れていることもよくあります。

電源が切れるのは良いのですが、電源を入れて、なにげなくそのままT200を構えようとして、あれ?ピントがあわないぞ?そうだ、拡大鏡モードオフになってるよ、ちっ!

1回、2回なら我慢もできますが、これがしょっちゅうとなると、ちょっと・・・

急いでいる時は、なんで、拡大鏡モードオフになるんだよ???!うが???っ!と思わず叫びたくなってしまうことも。

1cmマクロという、このクラスには珍しい性能を持っているだけに、OFFにならなければ、もっと使い勝手が良いのにとても残念です。

ソニーさんには、是非是非T200後継機の開発時には、拡大鏡モードを固定できる方策を何か一つよろしくお願いしたいのであります、本当に。

PGMモードのボタン配列はこっちの方が良くないか?

T200をプログラムオートにすると、下にメニューが4つ並びます。「フォーカス」「測光モード」「ISO」「露出」と4つのボタンがります。

ここにボタンがあると、すぐ各メニューが変更できて嬉しいポジションです。

で、「ISO」と「露出」はそのままでいいのですが、わたし的には、「フォーカス」と「測光」を左メニューに入れて、「ホワイトバランス」と「カラーモード」を下メニューの使いやすいところへ出して欲しいなと思いました。

フォーカスと、測光はそうそう、変更しませんでしたが、ホワイトバランスとカラーモードは、撮影条件によって、しょっちゅう変更して、撮影することが多いです。

頻度的には、ホワイトバランスとカラーモードの方をよく使用しました。でも、左メニューの中にあるので、ワンボタン多いので、ちょっと面倒でした。

下メニューにあったら、いいのになと思いました。

是非、是非よろしくお願いいたします。

スマイルシャッターのちらしが欲しいな

モニターをご一緒しているちびっ子育児の体験日記さんも記事で書かれていましたが、

■  【サイバーショットDSC-T200】取扱説明書は冊子で欲しい!

なんらかのデジカメの説明書が欲しい、とはわたしも思いました。

自分などは、ある意味デジモノオタクなので、なければ、CD-ROMでもなんでも見たリ、触り倒したりして、なんとかなりますが、パソコンもってない人とか、説明書なかったら、困るんじゃね?と思ってしまいます。

というのも、うちの舅がいつぞやデジカメを買いまして、しかもソニーのTシリーズ!、「たからにゃさん、ええやろ?。」「うわ?、お義父さん、ええデジカメ買うたんですねえ。」と見せびらかしてくれたんですが、うちのしゅうとめ、パソコンなんぞは、持っておりません。

その使い方というのは、フィルムカメラの使い方まんまです。メディアがいっぱいになったら、カメラ屋へ行って、好きなコマだけプリントして、消して、また使う、というものです。

そう、デジカメ持ってる人がみんなパソコン持ってるわけじゃないんです。

確かに、取扱説明書を読む人は、実際にはあまりいないかもしれないです。見ても、ちょろっと、とか。あえて、CD-ROMにしちゃった、というのもそういうデータか何かあったかもしれません。

実際、わたしも、モニターの最後の方まで、自分でどこまで使い方がわかるか知りたかったので、ほぼ取扱説明書は見ずにすませました。

だから、取り扱い説明書の分厚いのを入れろとまでは、わたしも言うべきかどうかは判断つきかねるんですが、最初に、開梱の時、思ったことがこれ。

「ない!紙の取り扱い説明書がない!スマイルシャッターの使い方がわからんぞ!パンフレットはないんか!うお?っ!」

T200を手にして、まず使ってみたいのは、やっぱりスマイルシャッター。でも設定の仕方がどこにも書いてない。あれだけ宣伝してるのに、なんで、使い方の紙ないですか?みたいな。

スマイルシャッターをすぐにでも試してみたいがためのこのジレンマ。

だからね、スマイルシャッターが買ったらすぐに使えるように、本当に簡単なちらしみたいの(スマイルレベルの設定方法とか)でもいいから、スマイルシャッターの設定の仕方とか、撮影の仕方とかを書いた紙を入れといたら、親切かなあ、と思いました。


まとめ

いろいろ考えたのですが、上に書いた3点は、ほかの人にもうなずいてもらえるんじゃないかな、と思って要望として書いてみました。

ソニーさん、T200、そこん所、よろしくです。

ソニーDSC-T200/リングライトHVL-RLS体験レポート記事ナビ

  • DSC-T200体験レポート記事一覧を見る >>>
  • DSC-T200購入レポート(モニターレポートの続編)へ移動 >>>
  • 関連リンク(他のサイトへ移動します):ブロガーのためのデジカメスキルアップ講座
  • スポンサーリンク