ブログ初心者デジカメ撮影講座

1cmマクロ・拡大鏡撮影ができるデジカメレビューと、マクロ初心者のために和菓子・スイーツを美味しそうに撮影する方法を公開

SONY リングライトHVL-RLSをDSC-T200で使った使用感まとめ

DSC-T200体験レポート第20回目は、ソニーのリングライトHVL-RLSをサイバーショットDSC-T200に装着して使った時の使用感のまとめです。

0712123moni.jpg

スポンサーリンク

HVL-RLS装着の仕方

実は、まだリングライトHVL-RLSをいかにして装着するか、というレポートをしていませんでした。

簡単に言いますと、リングライトの丸い穴の真ん中に、T200のレンズがくるように固定します。まずは、T200の三脚のねじ穴に、リングライトのねじを入れて軽く止めつつ、T200のレンズがリングライトの丸い穴にはまるよう横位置を調節。その後、リングライトのアジャストボタンを押しつつ、高さを調節します。

と、書いてもよくわからない方もおられると思います。わたしも最初付け方がわかりませんでした。その時、見つけたのが、MONO-PORTALのレビューブロガーネットワークに参加されている「ふろすです。ほぼ島根とソニーの話題です。」さんのこちらの記事!

■ ようやく到着!リングライトHVL-RLS。で、サイバーショットT9などにつけてみました

写真入りで詳細に解説されているので、よくわかります。ふろすさん、おかげさまで助かりました。ありがとうございました!

当初の予定では、このブログでも装着記事をと思っていました。が、どうもモニター期間終了までに間に合いそうもありません。時間があれば書きますが、たぶん無理っぽいので、リングライトの装着方法がわからない方、ふろすさんの記事を参考になさってください。

HVL-RLSを持って撮影するときの感触

ぐにゃぐにゃ動いて面倒くさい、と言ってしまって良いのでしょうか。

ねじで固定されている部分は良いのですが、アジャスターで上下を操作できる筒部分が90度回転できるようになっています、それゆえに、より多くのデジカメにリングライトが装着でき、自由度が高い反面、撮影中、しっかり手で固定しないとぐらぐらします。

じゃあ、がちゃっとデジカメ本体にぴったりフィットする方が良いのか?と言うと、それはそれで汎用性がなくなり、リングライトも安くはなく1万円近くするものですから、少々のフィット感は犠牲にしても、汎用性をとる方がユーザーには優しいだろうなと思います。

とすると、多少ぐにゃぐにゃしますが、この形に落ち着いて正解ということでしょうか。

リングライトを使うと威力を発揮する超マクロ撮影

これまで5回に渡って、リングライトの記事を書いてきました。

その中で、携帯電話のパネル、スワロフスキーのペンダントトップ、赤いビーズの指輪、透明系のビーズストラップ、和菓子などをリングライトで撮影しました。

その中で一番リングライトが威力を発揮したのは、スワロフスキーのペンダントトップと、多面体のビーズストラップ赤いビーズの指輪携帯電話のパネルでした。

一方、和菓子は、リングライトを使わない方が美味しそうに撮影できました。

ちょっと撮影事例が限られていますが、このことからリングライトが威力を発揮するのは、拡大鏡モードの1cm接写でなおかつ、リングライトの光が写り込まない物体。たとえば、光を乱反射する多面体のジュエリー、ビーズ。あるいは、デジモノなど。

接写でないのにリングライトを使うと、リングライトの丸い光が見えたりして妙な写真になる可能性がありますし、接写でなければ、ほかから光を当てる方法もあれこれあるでしょう。

また、食品系はどうも、リングライトとは相性が良くないというか、管理人の好みの感じには写りませんでした。(管理人が好みでないだけでもしかするとそういう写真が好きという方もおられるかもしれません。)

リングライト買いますか?

今現在、自分は和菓子ブログの管理人で、食品系のブログが多いので、T200は買いたいですが、リングライトは必要ないかな、と。

でも、わたしがもし、ビーズの手作りアクセサリーのブログを書いていたら、リングライトはのどから手が出るほど欲しいと思います。ビーズのきらきら感を出すなら、1cm接写のT200とリングライトのコンビはかなりいい感じです。

自分が何を撮影したいか、でリングライトの必要性は決まってきます。ジュエリー、手作りアクセ、もしかすると小さなデジモノ(って何かあるかな?思いつかないけど)などを撮影したいなら、リングライトHVL-RLSを使ってみるのもよいかと思います。

というか、ビーズアクセブログならわたしは絶対買いです。

もしかすると、ほかにもリングライトが威力を発揮する被写体があるかもしれません。興味のある方は、是非ご自分で使ってみてください。

以上ツカエルSONYリングライトHVL-RLSのレポートでした。

T200モニター終了期限まであとわずか。次回より、再び、T200本体のレビューに戻ります。

ソニーDSC-T200/リングライトHVL-RLS体験レポート記事ナビ

  • DSC-T200体験レポート記事一覧を見る >>>
  • DSC-T200購入レポート(モニターレポートの続編)へ移動 >>>
  • 関連リンク(他のサイトへ移動します):ブロガーのためのデジカメスキルアップ講座
  • スポンサーリンク