ブログ初心者デジカメ撮影講座

1cmマクロ・拡大鏡撮影ができるデジカメレビューと、マクロ初心者のために和菓子・スイーツを美味しそうに撮影する方法を公開

和菓子の撮影はリングライトなしでもいいかも

サイバーショットDSC-T200体験レポート第19回目は、リングライトを使ってT200で和菓子を撮影するとどうなるか?という話し。先に結論を言ってしまうと、和菓子の撮影にはリングライトはなくてもいんじゃない?という感じでしょうか。

0712122moni5.jpg

スポンサーリンク

和菓子撮影リングライトなしとあり

では、いつも和菓子ブログ「和菓子ハンターが行く!」で掲載する写真をリングライトなしとありで撮影してみました。リングライトを使った方には、「リングライトあり」の表示を入れ、使ってない方は、何も表示していません。

まずは、和菓子のパッケージ。リングライトは、まわりが闇に沈んでいます。

0712122moni1.jpg

0712122moni2.jpg

次は、和菓子の全体像。リングライトなしの方は、明るく華やかに仕上がっていますが、リングライトありの方は、かえって闇にぼんやりと浮かぶ一輪の花という感じで小暗い雰囲気になっています。

0712122moni3.jpg

0712122moni4.jpg

割れ目から中身を超接写。T200一式をお借りするまでは、こういった撮影にリングライトが必要ではないのかと思っていたのですが、リングライトなしでもじゅうぶん綺麗です。かえって、リングライトありの方が不自然な感じがします。

0712122moni5.jpg

0712122moni6.jpg

断面図の撮影。リングライトなしだと、横からの光で色のピンク色も自然に表現されていますが、リングライトありだとやや明るすぎますか。何よりバックがやはり暗く、重厚なというか、暗いというか・・・

0712122moni7.jpg

0712122moni8.jpg

断面に接近して撮影してみました。

0712122moni9.jpg

0712122moni10.jpg

和菓子撮影にはリングライトでの撮影は遠慮しておきます

今回、和菓子の撮影にリングライトを使ってわかったこと、少なくとも、わたしには、リングライトを和菓子の撮影に使いこなす技量もないし、どうやらリングライトを使って撮影した画像もわたしの好みでないということでした。

自分的には、和菓子のかわいらしさ、華やかさを皆さんに伝えたいのですが、リングライトありだとどうも重厚感とか、小暗い感じが強調されているような気がします。

和菓子1000年(?)歴史の重みみたいなテーマなら良いかもしれませんが、わたしのブログの可愛くて美味しい和菓子を取り寄せて楽しもう!という雰囲気とはちょっと合わないです。

また考えてみると、普段でも和菓子の撮影は、自然光がよく似合うと思っていたので、リングライトはばりばり人工光ですから、色味的にも自分の好みでなくて当然かもしれませんね。

ほかにもしいたけとかみかんとか撮ってみたのですが、あまり上手に撮れなかったので割愛。

わたしの技術の範囲内では、食品の撮影にはリングライトは必要ないみたいです。

次回、リングライトのまとめです。

ソニーDSC-T200/リングライトHVL-RLS体験レポート記事ナビ

  • DSC-T200体験レポート記事一覧を見る >>>
  • DSC-T200購入レポート(モニターレポートの続編)へ移動 >>>
  • 関連リンク(他のサイトへ移動します):ブロガーのためのデジカメスキルアップ講座
  • スポンサーリンク