ブログ初心者デジカメ撮影講座

1cmマクロ・拡大鏡撮影ができるデジカメレビューと、マクロ初心者のために和菓子・スイーツを美味しそうに撮影する方法を公開

マクロ1cm接写はコンデジ標準なのか?

初心者デジカメ体験レポート第13回目は、コンパクトデジカメで1cmマクロを実現しているメーカーはどれだけあるのか?という調査結果。

▼ 2010年春のコンデジ1cmマクロ機まとめはこちら >>>

071204dora1.jpg

スポンサーリンク

マクロ1cm接写のコンパクトデジカメがほかにあるのか?という疑問

先日、ふと思ったのだけれど、自分は1cmマクロのデジカメを持ってないので欲しくてたまらなかったのだが、もしかして、世間様では、マクロ1cm接写のできるデジカメなんて当たり前な時代になってたりするだろうか?

もしそうなら、今さらソニーの拡大鏡モードマクロ1cmすげーなんて、言ってるのも結構間抜けな話しかも、と思い、他メーカーの現状を調べてみることにした。

ただし、コンパクトデジカメと言ってもいろいろ種類がある。いわゆる超望遠タイプの見かけが一眼レフっぽいいかにも「カメラで撮ってます!」的なコンパクトデジカメには、かなりマクロ1cmが普及しているようだ。

ここで管理人が調べるコンパクトデジカメとは、手軽に持ち運びできる軽量薄型タイプのさっと出してさっと撮れる初心者向け、あるいはセカンド機向けのコンパクトデジカメとする。

以下は5cm未満のマクロ機能を搭載したコンデジをピックアップ。ただし、性能については、ネットやカタログで調べた記事執筆現在の速報なので、誤り・書き漏らし・誤解・変更もあり得るため、購入時には必ず性能等、各自で確認の上、購入いただきたい。

また実機を見たことのないデジカメはカタログあるいはネットの見た目で軽量タイプのコンパクトデジカメかどうかを判断して書いているので、そうでないものもあるかもしれないため、軽量タイプかどうかは実際購入される際は、これまた店頭等で各自実機を御確認の上、購入いただきたい。

では、調査結果行ってみます。

リコーの強力1cmマクロ機

リコーには強力なマクロ機がある。ソニーサイバーショットと並んで、管理人のコンデジ購入候補に常にランクインしているCaplioRシリーズ。最新版はCaplioR7。

マクロのリコーとも聞く。

通常のコンパクトデジカメ機のマクロは、広角固定のことが多いが、CaplioR7は、望遠側でもマクロが使える。ネットの特徴には、「全焦点域でのマクロ撮影可能」と書いてある。実際使ったことがないので、断定はできないけれど、望遠側のマクロが使えればさらに表現力がアップするのは容易に想像できる。

コンデジのマクロという意味では、管理人のセカンド機コンデジ購入候補No.1。

■ R7 / R6マクロ ワイド側約1cm?∞/テレ側約25cm?∞

SONY:サイバーショットシリーズ

現在のサイバーショットシリーズ:T2 / T200 / T70 / T100 / T20 / G1 / W200 / W80 / W35

■ T200 / T100 拡大鏡モード ワイド端時約1~20cm / マクロAF ワイド端時約8cm?∞/テレ端時約80cm?∞
■ T70 / T20 / T2 / G1  拡大鏡モード ワイド端時約1?20cm / マクロAF ワイド端時約8cm?∞/テレ端時約25cm?∞
■ W80 マクロAF ワイド端時約4cm?∞ / テレ端時 約35cm?∞
■ W35 マクロAF ワイド端時約2cm?∞ / テレ端時 約30cm?∞

※補足 T200のマクロAFテレ端80cmというのは使ってみたが、さほど大きく写らなかった。が、T70/T20/T2/G1のマクロAFテレ端約25cmというのが気になるところ。

PENTAX:Optioシリーズ

現在のOptioシリーズ:A40 / V10 / Z10 / S10 / M40 / E40 / A30 / W30

■ W30 マクロ1cm?60cm(ワイド端)

SANYO:Xactiシリーズ

カタログの仕様記載では、DMX-HD700が撮影範囲スーパーマクロ時にワイド側1cmの記載があるが、デジタルムービーカメラなので、判断がつかず、調査を断念。


▼ ここまで1cmマクロ搭載機



▼ ここから5cm未満マクロ機能搭載機

キャノン:IXYシリーズ

現在のIXYシリーズ:IXY DIGITAL 2000IS / 910IS / 810IS / 10 / 90 / L4

■ 810IS ワイド側で2cm。テレ側で40-50cm。
■ 910IS ワイド側で3cm。テレ側で30-60cm。
■ 10/90 ワイド側で3cm。テレ側で30-50cm。

オリンパス:μシリーズ/CAMEDIAシリーズ

現在のμシリーズ:1200/830/780/7955W/790SW

■ 830 スーパーマクロ 3cm-70cm。ズーム位置固定。
■ 780 スーパーマクロ 3cm-70cm。ズーム位置固定。

CAMEDIAシリーズ FE-300/FE-290/FE-280/FE-270/FE-250/FE-220D

5cm未満のマクロ機なし

ニコン:coolpixシリーズ

現在のcoolpixシリーズ:s700/s510/s200/s51/s51c/s10/L15/L14

■ S51/S51c マクロモード時 4cm(ズームのミドルポジション)?∞
■ S10 マクロモード時 約4cm?∞

▼ ここまで5cm未満マクロ機能搭載機



▼ ここから5cm未満マクロ機能なし

フジフィルム:FINEPIXシリーズ

現在のFinePixシリーズ:F50fd / Z100fd / Z10fd / F480 / Z5fd

5cm未満マクロ機なし

カシオ:EXILIMシリーズ

現在のEXILIMシリーズ:Z1200 / V8 / Z1080 / Z77 / S880

5cm未満マクロ機なし


(2007/12/7追記:ルミックスを書き漏らしてました。(汗))

パナソニック:Lumixシリーズ

Lumix現在のラインナップ:FX33 / FX55 / FX100 / LZ7 / LS75 / TZ3 / FS2 / LX2 / FX50

5cm未満のマクロ機能なし
※お気に入りのメーカーだけに、1cmマクロがないのが惜しい。


1cmマクロ機能コンパクトデジカメまとめ

調べてみると、やはり1cmマクロ機能は、初心者向けのデジカメにはさほど搭載されておらず一般的でないことがわかった。「ソニーの1cmマクロすげー!」って書いてもおかしくないよね。ほっ。

現在、1cmマクロ機能の搭載があるメーカーは、SONY、リコー、PENTAXか。テレ端25cmくらいでもマクロが使える(使ったことないので、その機能が本当に良いかどうかはわからないけれど)機種のあるSONY、リコーがやはりマクロデジカメとしては良さそうな気がする。

考えてみれば、日常生活で1cmマクロを使うことがどれくらいあるだろう?たいていはデジカメを使うといえば、旅先でのスナップ、行事でのスナップ、子供の成長記録が多いのではないだろうか。

やはり1cmマクロで何かを写すのは、例えばコレクターがコレクションの整理をするとか、ブログに写真をアップするとかマニアックな趣味的な要素で撮影することが多いと思う。

1cmマクロはブロガー向けのデジカメなんだなと今回思った。

あとは、リコーかソニーかという話しになるのだけれど、実は家電量販店店頭でCaplioを見ようと思っても実機を置いてないことが多い。ネットでは通の間では、結構いいって話しを見たりすることもあるので残念だ。

となると、店頭で手にすることのできるソニーのサイバーショットがやはり売れ筋としては強いのかな。スマイルシャッターもいいし。機種もいろいろそろってるし。(リコーは1機種だけだからなあ。)

ということで、初心者向けのコンパクトデジカメあるいは、手軽に持ち出せるセカンド機という条件で、ブログにのせる写真を撮りたいなら、ソニーのサイバーショットの1cmマクロ搭載機はかなりおすすめだよなあと、サイバーショットの実力を今回改めて実感。

できれば、25cm望遠側でのテレマクロを試したいところだが、あいにくT200は望遠側は80cmまでしか寄れない。T70/T20/T2/G1をお持ちの方、テレ側25cmのマクロってどんなのか、是非試してみていただきたい。

以上、1cm接写マクロコンパクトデジカメ総括レポートでした。

ソニーDSC-T200/リングライトHVL-RLS体験レポート記事ナビ

  • DSC-T200体験レポート記事一覧を見る >>>
  • DSC-T200購入レポート(モニターレポートの続編)へ移動 >>>
  • 関連リンク(他のサイトへ移動します):ブロガーのためのデジカメスキルアップ講座
  • スポンサーリンク