ブログ初心者デジカメ撮影講座

1cmマクロ・拡大鏡撮影ができるデジカメレビューと、マクロ初心者のために和菓子・スイーツを美味しそうに撮影する方法を公開

DSC-T200拡大鏡モードで鮮やかに、自然に撮る、カラーモード編

サイバーショットT200体験レポート第11回目は、前回に引き続き色味を変えて撮影する方法の解説です。前回は、ホワイトバランスについてでしたが、今回はカラーモードの解説です。セピア、モノクロなどもこのモードで撮影することが出来ます。

071204moni33.jpg

スポンサーリンク

拡大鏡モードでホワイトバランスが使えるのは、プログラムオートのみですが、拡大鏡モードでカラーモードが使えるのもやはりプログラムオートに限られます。

では、まず、こちらの記事を参考に、デジカメのモードを「PGM」の「拡大鏡モード」に設定しましょう。

071204moni31.jpg

左下のメニューにタッチすると、左メニューが表示され、さらに横向きのプルダウンメニューが表示されます。

071204moni32.jpg

上から3つめのボタンがカラーモードのボタンです。タッチしてみましょう。

071204moni33.jpg

カラーモードのメニューが表示されました。左から、標準・ビビッド・ナチュラル・セピア・モノトーンの5つのカラーモードがあります。このそれぞれのボタンにタッチして、カラーモードを変更することができます。

カラーモード:標準

標準のカラーモードです。和菓子の撮影に使用することも多いです。

071204moni33.jpg

カラーモード:ビビッド

鮮やかな色合いに撮影します。デジモノを撮影する時に威力を発揮します。

071204moni34.jpg

カラーモード:ナチュラル

落ち着いた色合いで撮影します。和菓子の撮影によく使用します。

071204moni35.jpg

カラーモード:セピア

古い写真のような色合いに撮影します。

071204moni36.jpg

カラーモード:モノトーン

白黒の画像にします。

071204moni37.jpg

終了

目的のカラーモードのボタンにタッチし、ボタンをオレンジ色にしたら、右上の「BACK」にタッチして、撮影画面に戻ります。

右上にモノトーンに設定した表示が出ているのが確認できます。

071204moni38.jpg

和菓子撮影に使うカラーモード

和菓子の撮影に使うカラーモードのおすすめは、標準とナチュラルです。ビビッドはややどぎつい色合いになるような気がします。

デジモノなどやビビッドカラーの小物はビビッドが良いかと思われますが、和菓子は自然な色合いのものも多いので、ナチュラルがしっくりくる気がします。

ホワイトバランスとカラーモードは併用可能

前回紹介したホワイトバランスとこのカラーモードは併用可能です。

自分は、和菓子の撮影をする時に、ホワイトバランスは「太陽光」、カラーモードは「ナチュラル」にしていることが多いです。そのように設定すると撮影画面はこんな感じ。

071204moni39.jpg

右上に、太陽光マークとナチュラルモードが表示されています。

このように、DSC-T200の色味を変えたい場合は、ホワイトバランスと、カラーモード(標準・ビビッド・ナチュラル)を調節することで、自分の好みの色合いに写真を調節することが出来ます。

▼ カラーモード変更撮影例(デジモノ)はこちら >>>

ソニーDSC-T200/リングライトHVL-RLS体験レポート記事ナビ

  • DSC-T200体験レポート記事一覧を見る >>>
  • DSC-T200購入レポート(モニターレポートの続編)へ移動 >>>
  • 関連リンク(他のサイトへ移動します):ブロガーのためのデジカメスキルアップ講座
  • スポンサーリンク