ブログ初心者デジカメ撮影講座

1cmマクロ・拡大鏡撮影ができるデジカメレビューと、マクロ初心者のために和菓子・スイーツを美味しそうに撮影する方法を公開

CX3マクロ撮影解説&サンプル:キラキラゴールドチャームとグリーンのブレスレット撮影時の注意点

CX3できらきら金色チャームのついたグリーン系のブレスレットを撮影しよう!

前回のマット感のある黒いオニキスブレスレットの撮影方法解説に引き続き、今回もアクセサリーの撮影解説。

今回の被写体は、キラキラした金色のチャームのついたトロピカルなハワイアンブレス。

淡水パールと、グリーンの天然石(たぶん)が綺麗なブレスレットです。

デジカメは、マクロに強いリコーCX3を使用しています。

100906sevenq0.jpg

スポンサーリンク

下に敷くものの色に注意

まず、撮影の準備時のポイントとしては、下に敷く紙は、ブレスレットと相性の良さそうな色を選ぶということです。

前回の黒いオニキスは、黒と白だったので、ある意味、色的にはオールマイティーでした。

ところが、今回のブレスレットは、グリーン系。

実際に敷いてみるとわかりますが、下に敷く紙も色によって、合う合わないが出てきます。

100906sevenq6.jpg

100906sevenq15.jpg

インパクトはないかもしれませんが、基本的に同系色だと合いやすいのではないかと思います。

今回の撮影では、たまたま用意した和紙が黄緑色だったので、ちょうど良かったです。

照明は明るく

さらに、きらきら金色のチャームと言えば、キラキラ感が命。

100906sevenq7.jpg

あえて、鈍く光るシーンを演出するという高等技術もあるかもしれませんが、ここは無難に、照明は明るめで。

100906sevenq8.jpg

ズームを使って撮影する

小物を撮影する時は、あまり近づくと、カメラの影が落ちてしまうことがあります。

そういう時に便利なのが、マクロでの望遠機能。

デジカメによっては、マクロにすると、ズームが使えない機種もあります。

リコーCX3は、その点大丈夫。

少し離れて、マクロのズームで撮ると、被写体に影を落とさず撮影出来ます。

100906sevenq9.jpg

100906sevenq16.jpg


ボケを意識しよう

また、コンパクトデジカメのマクロでも、デジイチほどではありませんが、撮りようによっては、綺麗にボケた写真を撮ることが出来ます。

100906sevenq10.jpg

ポイントは、遠近感のある構図です。

マクロでも、上からのっぺりとってしまうと、ボケません。

100906sevenq17.jpg

ズームを使って、シャッター半押しで手前にピントを合わせて、なるべく水平方向から撮影すると、ボケ感のある写真を撮ることが出来ます。

100906sevenq0.jpg

露出は明るめに

露出は、露出補正を使って、きらきらした部分が、白飛びしない程度に明るめに。

▼ フラッシュを使わずに写真を明るく写そう:lesson4

ホワイトバランスの調整

また、ホワイトバランスも、本来のジュエリーに、近い色になるよう調整してみてください。

▼ 美味しそうな色合いで和菓子やスイーツを撮影する方法:lesson6

プリセットが無理なら、マニュアルを利用するといいと思います。

以上、キラキラしたゴールドチャームのついたグリーン系のジュエリーの撮影方法でした。

リコーカメラレビュー

当サイトでレビュー掲載中のR・CXシリーズの体験レビューです。興味のある方は是非ご覧ください。

スポンサーリンク