ブログ初心者デジカメ撮影講座

1cmマクロ・拡大鏡撮影ができるデジカメレビューと、マクロ初心者のために和菓子・スイーツを美味しそうに撮影する方法を公開

リコーCX3の連写機能は、物撮りにオススメ!

物撮りにオススメ!リコーCX3の連写

CX2の時にも書いたんだけど、CX3の連写機能は、物撮りにオススメだ。

リコーのCXシリーズの連写は、R10までは、本当にとろくて、それ、連写ですか?と思わず、ツッコミを入れたくなるほどだった。

で、CX1は使ってないからわからないんだけど、CX2に買い換えると、格段に進化して速くなってたので、すごく驚いた。

CX3も、もちろんその流れを継承している。

ていうか、今、露出とかほぼ同じ条件で撮ってみると、CX3はCX2よりさらに速くなってるよ。

これは、タマゲタ!

CX2が、シャカシャカシャカシャカなら、CX3は、チャッチャッチャチャッだ。

スピードが違うぜよ。

スポンサーリンク

5種類の連写

CX3の連写機能は、ダイヤルモードとして独立している。

ダイヤルモードには、5つの連写機能が格納されている。

通常のいわゆる連写

もっぱら、管理人が日頃のマクロ撮影に愛用しているのは、一番上の、いわゆる連写。

100918rensha1.jpg

通常の撮影を高速で行うモードで、若干設定の制限は受けるが、オート撮影に近いし、jpegで保存される。

これについては、次記事でさらに詳しく設定項目を見て行きたいと思う。

MPファイル連写

残り4つの連写は、一回に連写したものをまとめて、一つのMPファイルに保存している。

なので、例えば管理人が使っている、Windows Photoギャラリーを使った読み込みでは、PCへ転送できなかった。

このMPファイルについては、再生画面で、個別の静止画として、必要なコマを抜き出し、その後、PCへ書き出すことになるっぽい。

面倒だし、和菓子は高速で動かないから必要性がないので、やったことないので詳細は不明だけど。

M連写プラス(10M)

MPファイル連写、1つ目はM連写プラス(10M)。

シャッターボタンを押した瞬間からさかのぼった最大15枚を連続撮影する。

連写スピードは、1秒あたり約5枚。

100918rensha2.jpg

M連写プラス(2M)

MPファイル連写、2つ目はM連写プラス(2M)。

シャッターボタンを押した瞬間からさかのぼった最大26枚を連続撮影する。

連写スピードは、1秒あたり約30枚。

100918rensha3.jpg


超高速連写(Low)

超高速連写(Low)。2秒間の連続撮影。連写スピードは、1秒あたり約60枚。

画像サイズ640×480。

100918rensha4.jpg

超高速連写(Hi)

超高速連写(Hi)。1秒間の連続撮影。連写スピードは、1秒あたり約120枚。

画像サイズ640×480。

100918rensha5.jpg

リコーカメラレビュー

当サイトでレビュー掲載中のR・CXシリーズの体験レビューです。興味のある方は是非ご覧ください。

スポンサーリンク