ブログ初心者デジカメ撮影講座

1cmマクロ・拡大鏡撮影ができるデジカメレビューと、マクロ初心者のために和菓子・スイーツを美味しそうに撮影する方法を公開

リコーCX2シーンモードでマクロが使えるモードは?/レビューvol.13

シーンモードとマクロ

リコーCX2のシーンモードで、マクロが使えるモードを確認してみよう。

ちなみに、シーンモードを使うには、デジカメ上部のダイヤルをSCENEに設定すれば、OK!

100509cx1.jpg

スポンサーリンク

さらに、マクロが使えるモードなら、アジャストボタンを左に倒すことで、マクロをオンオフ出来る。

画面左手端に、黄色いチューリップマークが表示されていたら、マクロがオンになっている状態だ。

シーンモードの種類

シーンモードを選択するには、ダイヤルをSCENEに合わせた状態で、MENUボタンを押すことで、設定画面にはいることが出来る。

用意されている、シーンは12種類。

人物を撮影する、ポートレート。

100509cx2.jpg

動きのあるものを撮影する、スポーツ。

100509cx3.jpg

夜景を背景にして人物を撮影する、夜景ポートレート。

100509cx4.jpg

夜景。

100509cx5.jpg

遠景。

100509cx6.jpg

薄暗い場所を撮影する、高感度。

100509cx7.jpg

マナー。

100509cx8.jpg

ズームマクロ。

100509cx9.jpg

ハイコントラスト白黒。

100509cx10.jpg

ミニチュアライズ。

100509cx11.jpg

斜め補正。

100509cx12.jpg

文字。

100509cx13.jpg

マクロが使えるシーンモード

このうち、マクロが使えるシーンモードは、

高感度
マナー
ズームマクロ
ハイコントラスト/ただし白黒
ミニチュアライズ
斜め補正
文字/ただし白黒

の7種類。

ただし、これが和菓子の撮影に使えるか?と言うと、

まず斜め補正、文字はある意味、文書撮影用だし、

ミニチュアライズは、なんとなく方向性が違うし、

ハイコントラストは白黒だし、

ズームマクロは、光学ズーム使えないので、ちょっといやんな感じだし。

となると、和菓子撮影に使えそうなのは、高感度とマナーくらいか。

まあしかし、高感度も粒子が粗くなるから、必要がなければ、あまり使いたくない感じ。

唯一行けそうなのは、マナーだが、マナーモードが必要な場所以外では、必要ないわけで。

こうしてみると、シーンモードでは、あまり料理や和菓子の撮影はしないだろうな、という気がする。

実際、管理人が使っているのも、通常のAUTO撮影と、連写オンリー。

実は、シーンモードを見たのも久しぶり。

この記事を書かなければ、まだ当分というか、多分全然見なかったんじゃないか、という気がする。

やっぱり、CX2での料理、スイーツ、和菓子の撮影は、通常のAUTO撮影と、連写があれば、オーケーな気がする。

リコーCXシリーズへの今後の要望

で、個人的な要望だけど、お料理モードがあるといいなと思う。

マクロオン、彩度高めで、色はやや赤寄り、あるいはホワイトバランス太陽光。

で、フラッシュオフ。

最近は、ブログに、自分が作った料理の写真を載せたい人も多いんじゃないかな?

自分は、ある意味オタク入ってるから、いろいろカメラの設定を見るのは好きだけど、そうじゃない人は、料理モードがあれば、助かると思う。

是非!

引き続き、シーンモード、高感度とマナーの撮影設定メニューの紹介だけど、写真が多いので、記事を分けることにする。

リコーカメラレビュー

当サイトでレビュー掲載中のR・CXシリーズの体験レビューです。興味のある方は是非ご覧ください。

スポンサーリンク