ブログ初心者デジカメ撮影講座

1cmマクロ・拡大鏡撮影ができるデジカメレビューと、マクロ初心者のために和菓子・スイーツを美味しそうに撮影する方法を公開

リコーCX2ファーストインプレッション/レビューvol.3

早いもので、CX2を使い始めて、一ヶ月が来ようとしています。ちょっと遅くなりましたが、CX2ファーストインプレッション!

091114firstimpression2.jpg

スポンサーリンク

液晶がキレイです

R10を使っていて、次にCX2を使った時、思わず、おーっ!と思うのが、液晶の表示がキレイだということ。

それもそのはず、R10の液晶モニターは約46万ドット、CX2は約92まんドット。これって、CX2がより精細な表現が出来るってことですよね?

起動はR10が早く、ピントの合うのはCX2が早い?

最初に使った時に、R10に比べると、CX2の方がオートフォーカスのピントが合うのが早いような気がしました。

R10は、ピント合わせにかなりまったり感があったので、実際のところどうなのか、二台並べて、実験してみることにしました。

ちなみに、わたしが手動で押すので、どうしても少々の誤差が出てしまうのは、ご愛敬ということで。

まず、意外にも、起動は、R10の方がCX2より早いです。たぶん1秒もは違わないと思います。

そして、オートフォーカスでのピント合わせは、CX2で撮ってる時は、CX2ってすごいピント合うのが早い!とか思ったんですが、ほぼ同じ条件で、二台並べて、シャッターを半押ししてみると、片方が早かったり、早くなかったり、よくわからない結果になりました。

ただ、CX2には、撮影メニューにプレAFという項目があって、どうもそれをオンにしておくと、場合によっては、ピントのあう時間が短縮されるみたいです。

このあたり、また後ほど、詳しく調べてみたいと思います。

ホワイトバランスが変わった

ホワイトバランスメニューもマルチパターンAUTOが一つ増えました。

CX2では、太陽光が結構赤味が強くなった印象を受けます。夜とかは、蛍光灯が結構使える感じです。

R10の時は、一日中ほぼ太陽光使いだったのですが、CX2は、割とホワイトバランスを操作して撮影しています。

二段階サムネイル

R10の時には、再生画面のサムネイルは一段階だけでしたが、CX2は、二段階サムネイルで、再生時のファイル間の移動が早く行える感じです。

まず一段階。

091114firstimpression1.jpg

二段階目はかなり小さい。

091114firstimpression2.jpg

ツートンカラー

で、やっぱり、黒一色より、女子としては、このツートンカラーが結構気に入っています。

091025cx8.jpg

なんか、可愛くて、良いです。

一色だけもいいけど、ツートンがおしゃれな感じ。

ということで、がんがんCX2使ってます。

とりあえず、リコーCX2ファーストインプレッションでした。

リコーカメラレビュー

当サイトでレビュー掲載中のR・CXシリーズの体験レビューです。興味のある方は是非ご覧ください。

スポンサーリンク