ブログ初心者デジカメ撮影講座

1cmマクロ・拡大鏡撮影ができるデジカメレビューと、マクロ初心者のために和菓子・スイーツを美味しそうに撮影する方法を公開

真上から、斜め上から、水平方向から撮る:lesson11

さて、前回までは、和菓子やスイーツを東西南北どちらの方向から撮影するか的なお話でしたが、今回は、上から撮るか、斜めから撮るか、水平方向から撮るかというお話。

図で表すと、こんな感じでしょうか?

ls11zu.jpg

スポンサーリンク

真上から撮る

例えば、商品の上の部分をお客さんに見せたい時とか、和菓子の真上にとても見せたいものがある時とかは、真上から撮影することもありますが、まずあまり使わないアングルです。

おやつの、敷島堂のマスカット吉備団子を撮影してみました。う?ん、わたし的にはあまりしっくりしない角度です。

ls11ue.jpg

初心者の方で、自分の写真って今一歩と思われている方、もしかして、真上から撮ってたりしていませんか?

場面によっては必要な真上からの写真ですが、「読者を感動させる」には、ちょっとインパクトが弱いかもしれません。

斜め上から撮る

ブログでもよく見かけるし、使い勝手が良いのもこの斜め上から撮影するアングルです。

というか、テーブルに和菓子やスイーツを置き、椅子に座って普通にカメラを向けると、このアングルになります。

斜め上から、マスカット吉備団子を撮影してみました。

ls11naname.jpg

真上から撮ると、真上の情報だけ、横から撮ると横の情報だけしか伝わりませんが、斜め上から撮ると、真上の情報と横の情報をバランスよく伝えることができます。

是非、活用していただきたいアングルです。

水平方向から撮る

いわゆる視線を低くして横から撮ることです。ローアングルになると、下から上向きに撮る感じですが、そこまではいきません。ほぼ水平の視点。

実は、うまく撮影できれば、非常に印象的な写真を撮影することができるのも、この水平方向のアングルです。

先ほどのマスカット吉備団子を、水平方向から撮影してみました。

ls11suihei.jpg

先ほどから、3つの角度で撮影してきましたが、水平方向から撮影したマスカット吉備団子が一番、印象深くないですか?

実は、「和菓子ハンターが行く!」でも、「これは!」という写真には、水平方向からの写真が多いんです。

あまり、水平方向からの写真を撮影したことのなかった方は、是非挑戦してみてくださいね。

lesson10まとめ

一番たくさん情報を伝えやすく、
使いやすいのは、和菓子やスイーツを
斜め上から撮影した写真。

うまく撮影できれば、
インパクトを与えることが出来るのは、
水平方向からの写真。

ところで、水平方向からの写真を撮影する時には、一つ気をつけなければならないことがあります。それは、背景処理の問題です。続きは次回。

今回の撮影に使った和菓子:敷島堂「マスカットきびだんご」



楽天市場:天満屋ネットショップ でお取り寄せできます

【岡山の銘菓】<敷島堂>マスカットきびだんご15個入り



スポンサーリンク